教育ローン 審査

トップバナー
損保ジャパン教育ローン

”教育ローン”

子供の教育費にはお金がかかるものです。

 ・入学金
 ・授業料
 ・受験対策(塾・予備校)
 ・学生仕送り
 ・海外留学
 ・資格取得

など、専門性が進む現代では、高学歴、高度な取得は
必須の条件となっています。

しかし子供の教育にお金がかかる時期に丁度必要な金額が
手元にあるとは限りません。
そういった場合に力になるのが、教育ローン・学資ローン
などと言われる、教育系のローン です。

 

国やろうきん、JAバンクなど大規模な期間の教育ローンから、
都銀、信用金庫、クレジット会社、など、今や多岐に渡る
金融機関で学資ローンを行っています。

当サイトでは、それら玉石混交の教育ローンの中、
あなたに最適のローン選びをお手伝いします。

 

■ 日本政策金融公庫の教育ローン一般貸付

聞きなれない言葉だと思いますが^^; 、
日本政策金融公庫とは国の金融機関で、いわば
これが 日本国が運営する教育ローン です。

ちなみに以前は、国民生活金融公庫でした。

国が運営するというと、
「官僚主義でダメダメ」と思われると思いますが、
この教育ローン審査基準は非常に柔軟になっています

 1. 世帯の年間収入(所得)が次表の金額以内の方
  子供の人数 給与所得者(事業所得者)
  1人 790万円(590万円)
  2人 890万円(680万円)
  3人 990万円(770万円)
  4人 1,090万円(860万円)
  5人 1,190万円(960万円)

または、世帯の年間収入(所得)が990万円(770万円)以内
であって、次の特例要件のいずれかに該当する方

【特例要件】

 (1) 勤続(営業)年数が3年未満
 (2) 居住年数が1年未満
 (3) 返済負担率(借入申込人の
   (借入金年間返済額/年間収入(所得)))が30%超
 (4) 借入申込人またはその配偶者が単身赴任
 (5) ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、
    その介護に関する費用を負担
 (6) ご親族などに高額療養費制度または難病患者等に
    対する公的医療助成制度を利用している方がおり、
    その療養に関する費用を負担

◯融資対象となる教育機関
 ・大学、大学院(法科大学院など専門職大学院を含みます。)、
  短期大学
 ・高等学校、高等専門学校
 ・専修学校、各種学校、予備校、経理学校、デザイン学校など
 ・特別支援学校の高等部
 ・外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院など
 (6ヵ月以上の留学に限ります。)
 ・その他職業能力開発校などの教育施設

◯融資額:学生1人につき、300万円
◯返済期間:15年以内
 (交通遺児、母子家庭などは18年以内)
◯元本据置期間:在学期間(在学中は金利負担のみでもOK)
◯利率:2.85%(2011年6月:常に変動しているので、
 最新の金利は公式HPで確認して下さい)

とここまではパーフェクトなのですが、以下の保証が実は
大きな欠点となります。

◯保証:(公財)教育資金融資保証基金
 (または連帯保証人も可能)

ちなみに 教育資金融資保証基金 を利用の場合は、
保証料を融資額から一括で差し引かれます!

返済期間15年、元本据置期間4年とした場合、
借入額100万円あたりの保証金は、なんと約142,400円。
300万円借りても、いきなり約257万円になってしまいます!!

上記の金額は保証料ですから、
また当然、金利は別途支払います・・・。

貸付のための条件などは非常によくなってきているだけに、
この補償制度は本当に残念です・・・。

では、このように高額ではなく
安価な保証金の教育ローンは無いものでしょうか・・

私もわが子のために、ネットで色々調べたら、
ありました!!

それが、こちらで紹介する


■損保ジャパンの教育ローン■

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、
各種専門学校、留学費用、英会話学校、予備校の入学金、
授業料などへの利用が可能です。

また自分が働いていて、社会人入学したい場合も、
勤め先を辞めなければこの教育ローンを
受けることができます!

金利3.2% の場合には、
年収700万円以上:借入額300万円〜500万円

です。

 

もちろん保証料は金利に組み込まれているので、
一括で借入時に引かれる心配もありません!

また合格前のweb審査も可能なので、まずは
申し込んでおいて、 合格時に実際に借りる

といったことも可能です。

合格後にお金の工面をしようとする人が多いですが、
銀行などだと審査、融資実行までかなり時間がかかりますので、
このような事前審査は、場所はともかく申し込んでおくことを
お勧めします。

損保ジャパン教育ローン

 

ちなみに年収700万円以上など審査基準が厳しくて、
ちょっと損保ジャパンの教育ローンが通るか分からない、
という方は、
使途自由 カードローン がおすすめです。

近年の貸金業法改正により、カードローン業界の競争が
激化しており、今は借り手市場で、使途自由なのに
低金利&限度額500万円くらいまでOK という
カードローンもあります。

当サイトのイチオシは、

 ・金利:4.6%〜14.6%
 ・借入限度額:10万円〜500万円

三菱東京UFJ銀行カードローンです。

カードローン自体は、入会金、年会費など一切無料 なので、
いざという時のために、とりあえずカードだけでも
作っておくことをお勧めします。

東京三菱UFJ銀行カードローン
教育ローン
教育ローン
教育ローン
教育ローン
教育ローン
教育ローン
教育ローン




























オートローン 審査基準, マイカーローン 審査, シティキャッシュバックカード